内科(一般,消化器,循環器,呼吸器),外科
〒503-2221 岐阜県大垣市青墓町1丁目131
TEL:0584-91-1121

 

 

院長blog
トップページ»  がん検診とは

がん検診とは

国民の2人に1人が「がん」に

日本人の死因第1位は「がん」です。
国民の2人に1人が「がん」に罹り、3人に1人が「がん」で亡くなっています。
現在、年間約34万人の方が「がん」で亡くなっています。

 
【日本人の死因順位】
順位 病名
第1位 がん(悪性新生物)
第2位 心疾患
第3位 脳卒中

 

日本人のがん罹患率 部位別順位
■男性
順位 病名
第1位
第2位 大腸
第3位
■女性
順位 病名
第1位 乳房
第2位 大腸
第3位

 

低いがん検診受診率

日本は人口比におけるがん死亡の割合が世界でも高く、がん大国と言われています。
これは、欧米のがん検診受診率が約80%なのに対して、日本は20~30%と低いことに起因しています。

 

がん検診の効果について

検診を受けることによって、がん死亡率を減少できることが科学的データとして認められているがん検診を以下の表に示します。

がん検診 対象年齢 受診期間
胃がん 40歳以上 1年に1回
肺がん 40歳以上 1年に1回
大腸がん 40歳以上 1年に1回
乳がん 40歳以上 2年に1回
子宮頚がん 20歳以上 2年に1回


効果のあるがん検診かどうかを決めるには、がんを発見するだけでなく、がんを発見したことにより、そのがんによる死亡率を減少させる効果があるかどうかということが重要です。
表のがん検診は、科学的根拠に基づいたがん死亡率減少効果がはっきりと示されていますので、皆さん必ず検診を受けましょう。